【自動計算】設計風圧力の算定(外装材等)|告示計算式から風荷重を求める

外装材等の設計風圧力を算定するための耐風圧計算ツールです。サッシやガラス厚等の検討にご利用ください。ガラス厚の算定はこちら

次のような方におすすめです

  • メーカーや施工者に設計耐風圧を指示してほしいと言われた
  • 高さによって設計風圧力がどれくらい変化するのか確認したい
  • 外装材の仕様がどのように決まるかよくわからない

すぐに計算ツールを使いたいときは目次の「★設計風圧力計算ツール」をクリックしてください。

目次

風圧力計算の根拠法文

関係法令:建築基準法施行令 第82条の4、H12建設省告示 第1458号

次の式によって計算した風圧力に対して安全上支障のないこと。

W=q Cf

この式において、W、q及びCfは、それぞれ次の数値を表すものとする。

  • W  風圧力(単位 N/㎡)
  • q  次の式によって計算した平均速度圧(単位 N/㎡)

q=0.6Er2Vo2

この式において、Er及びVoは、それぞれ次の数値を表すものとする。Er 平成12年建設省告示第1454号第1第2項に規定するErの数値。ただし、地表面粗度区分がⅣの場合においては、地表面粗度区分がⅢの場合における数値を用いるものとする。Vo 平成12年建設省告示第1454号第2に規定する基準風速の数値
  • Cf 屋根ふき材又は屋外に面する帳壁に対するピーク風力係数で、風洞試験によって定める場合のほか、次項又は第3項に規定する数値
平成12年5月31日建設省告示第1458号

風荷重とは

耐風圧計算で用いられる風荷重は、風圧力に受圧面積を乗じることで求められ、以下の式で表すことができます。

風荷重$$風荷重[N]=風圧力[N/㎡]×受圧面積[㎡]$$

★設計風圧力計算ツール

風圧力計算別表

地表面粗度区分周辺状況ZGα
極めて平坦で障害物がない区域2500.1
ⅠもしくはⅣ以外の区域のうち、3500.15
・海岸線若しくは湖岸線から500m以内の区域
・極めて平坦で障害物が散在している区域
ⅠⅡⅣ以外の区域4500.2
都市化が極めて著しい区域
表1:地表面粗度区分
再現期間対象レベルY値
50年戸建住宅(告示1454号の基準風速)1.00
100年一般的な建築物1.07
200年高さ60mを超える建築物1.15
表2:再現期間補正係数(板硝子協会推奨基準)
建物基準高さ(H)部位の高さ(Z)Cpe
5m以下1
5mを超える5m以下(5/H)^2α
5mを超える(Z/H)^2α
表3:Cpe(正圧)の値
地表面
粗度区分
部位の高さ(H)
5m以下5mを超え40m未満40m以上
2.22.2-(Z-5)*0.3/351.9
2.62.6-(Z-5)*0.5/352.1
3.13.1-(Z-5)*0.8/352.3
表4:Gpe(正圧)の値
Cpi×Gpi
閉鎖型の建物-0.5
開放型の建物-1.2
表5:Cpi×Gpi(正圧)の値
部位建物基準高さ(H)
45m以下45mを超え60m未満60m以上
一般部-1.6-1.8-(H-45)*0.6/15-2.4
隅角部-2.2-2.2-(H-45)*0.8/15-3.0
表6:Cpe×Gpe(負圧)の値
Cpi×Gpi
閉鎖型の建物0
開放型の建物1.5
表7:Cpi×Gpi(負圧)の値

合わせて使いたいツール

板ガラスの許容耐力算定

ガラスの許容耐力が設計風圧力を上回っていれば適合です。ガラスの種類や厚みを変えて検討していただけます。

設計風圧力計算ツールのアイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次