【自動計算】騒音レベル簡易シミュレーター|距離減衰と音の合成の計算式

複数の点音源から発生した音(室外機騒音等)について、距離減衰と合成の計算式によって任意の測定点における騒音(音圧)レベル(dB値)を求める簡易的なシミュレーションができるツールです。建物の形状(反射や回折)を考慮していませんので、この計算結果は参考値としてください。騒音規制法における特定施設の設置届に添付するような詳細なシミュレーションは、防音・遮音製品を扱うメーカー等にご依頼いただくことをお勧めします。

次のような方におすすめです

  • 大型の空調機や排風機を設置したいが近隣への騒音の影響が気になる
  • 詳細なシミュレーションが必要なレベルではないが、一応目安の騒音レベルを把握したい
  • 騒音がうるさいと言われてしまった。機器のカタログ値から測定点における理論値を確認したい

すぐに計算ツールを使いたいときは目次の「★騒音計算ツール」をクリックしてください。

目次

騒音に関する根拠法令

関係法令:騒音規制法 第6条、都民の健康と安全を確保する環境に関する条例(環境確保条例) 第136条

何人も、(略)規制基準(規制基準を定めていないものについては、人の健康又は生活環境に障害を及ぼすおそれのない程度)を超えるばい煙、粉じん、有害ガス、汚水、騒音、振動又は悪臭の発生をさせてはならない。

都民の健康と安全を確保する環境に関する条例 第136条

騒音値シミュレーションモデル

▽こちらが一般的なモデルです。

騒音値シミュレーションモデル(一般)

▽室外機騒音について検討する場合はこちらがイメージしやすいかもしれません。

騒音値シミュレーションモデル(室外機騒音)

距離減衰の計算式 $$L-20log_{10}r$$
L:機器の騒音レベル(カタログ値)[dB]
r:測定点までの距離[m]

合成音の計算式 $$10log_{10}\left(10^{\frac{Lb_1}{10}}+10^{\frac{Lb_2}{10}}…10^{\frac{Lb_n}{10}}\right)$$
Lbn:機器nによる単独の音圧レベル[dB]

★騒音計算ツール

騒音計算の注意点

いくら騒音に気を配っていてもクレームをいただく可能性はゼロではありません。なぜなら騒音値は数値で測ることができますが、不快と感じるかどうかは受け取る人によって全く異なるからです。

騒音規制法では夜間より昼間の方が規制値が高く(緩く)設定されていますが、なかなか寝付けず朝方ようやく寝れたという方や夜勤の方もいらっしゃるかもしれません。客観的な数値も大事ですが、騒音トラブルを回避するためには、騒音被害を訴えている方の話をしっかりと受け止め、真摯に向き合うことが大切です。

騒音レベル計算ツールのアイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次